痛みを最小限に抑える準備

ブラジリアンワックスの心配=「痛み」?

ブラジリアンワックスの心配=「痛み」?

ブラジリアンワックスで最も心配されるのが、脱毛時の「痛み」です。
初めてのブラジリアンワックスを検討されている方には最も興味のあるのが、この「痛み」についての情報の様です。

未経験者のほとんどは、「痛そうで怖い」という意見をお持ちのようです。

しかし、施術体験者のほとんどの方は、「痛いけれど我慢が可能な範囲」と言います。

毛抜きで一本一本抜いていく作業は実は痛みが続くものです。
しかし、一気に脱毛をするブラジリアンワックスは、実に効率的に脱毛を行うことが出来、一瞬であるため、痛みも想像よりも軽いと感じる方が多いのでしょう。

痛みを抑えるための準備

「痛みは一瞬」とは言っても、痛みを最小限に抑えるための準備は欠かすことが出来ません。
まずはアンダーヘアの長さを0.5から1センチに切りそろえます。

初めてブラジリアンワックス施術を受ける場合には、自分で切ってくるように言われるサロンもありますが、自分でうまくできない場合には、サロンでお願いしましょう。
現在はほとんどのサロンにて対応はしてくれるようです。

アンダーヘアの長さが、これ以上でもこれ以下でもうまく脱毛できません。
長さが適切でない場合、不要に痛みを伴ったり、あるいは抜けきれず毛抜きで後処理をすることになる可能性がります。

ブラジリアンワックス施術が2回以降になれば、どの程度の長さが施術しやすいかわかってきます。
未知なる初めての体験への恐怖からの痛みの為なのか、最初の施術時が最も痛みを感じやすいようです。

施術後の痛みを抑える準備

痛みを最小限に抑える準備

痛みを抑える準備は脱毛前のみではありません。
ブラジリアンワックス脱毛後も必要です。
いわゆる施術後のアフターケアとなります。

脱毛後は、毛穴が開いている状態なので雑菌が入りやすくなっています。
また赤みが出やすいため、抑えるためにも、冷やしたタオルや氷や保冷剤を巻いたタオルで施術部分を冷やします。

こうすることによって、ブラジリアンワックスの痛みを抑える効果もあります。

一定の時間冷やしたら消毒効果のある軟膏やローションを塗りましょう。
その後2・3日は刺激を与えないようにやさしくシャワーで洗い流し、顔と同じく保湿を行います。

普通肌の人であれば、この間に痛みも赤みも収まってくるでしょう。

以上がブラジリアンワックスの痛みを最小限に抑える取り組みについてでした。

最近は、セルフのブラジリアンワックスも流行しています。
そもそも痛みというのは大した度合でもないといわれていますが、ケアをするかしないかで肌の状態も痛みも変わってきます。

出来るだけ経験豊富でプロの施術者によるブラジリアンワックスを受けるのがおすすめです。

ブラジリアンワックス脱毛サロンを全国で検索するサイト!クーポン、スクール、口コミ情報も掲載!アンダーヘアのお手入れは当サイトで!

ご利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2011-2021 ブラジリアンワックス@サロンナビ All Rights Reserved.