ブラジリアンワックス 手作り

最近話題のブラジリアンワックス。
おしゃれに敏感な女性であれば一度は聞いたことのあるワードではないでしょうか?

ブラジリアンワックスとは、VIO脱毛をおこなうときに使用するワックスです。

ワックスを温め、その上に専用のテープを貼り引き剥がして脱毛をするという方法です。

テープを剥がす時には多少の痛みを感じますが、それも一瞬。
あっという間に気になる部分がツルツルになります。

レーザー脱毛などは数回の施術が必要ですが、ワックスなら1回で完了するので効率良く脱毛をしたい方に人気があります。

ちなみに、ブラジリアンワックスは、ビキニ発祥の国、ブラジルの女性がビキニラインの脱毛をするのにやり始めたというのがネーミングの由来となっています。

ブラジリアンワックスを手作りで出来るのか気になっている方も多く、手作りについてまとめてみました。

ブラジリアンワックスは手作りでもできるの?

ブラジリアンワックスは手作りでもできるの?

最近、自宅でワックスを手作りし、脱毛をしている女性もいます。
自宅でおこなえば予約などもいらないので時間に拘束されることなく、自分のスケジュールに合わせてできるので忙しい方でも気軽にできます。

ただし、自己流のワックスは1回で使い切らなくてはならない点や、調合などを間違えると脱毛効果が半減してしまったりと、何かと失敗することも多いようです。

また、腕やワキなどはワックスも伸ばしやすく脱毛しやすいですが、肝心のVIOラインなどは、自分でやるのには限界があります。

このようなことから、失敗しないブラジリアンワックスは、やはり専門のサロンでおこなった方が良いとの女性が圧倒的に多いのが現状です。

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

ブラジリアンワックスは、成分自体が肌に優しい天然素材のものを使用しているので、デリケートゾーンの脱毛でも肌に負担をかけません。
このため肌が弱い方でも比較的安心して使えます。

手作りのセルフブラジリアンワックスでも高品質の商品が多くあります。

また、ワックスでの脱毛は、しばらくするとまた毛が生えてくるのは事実ですが、数回繰り返すうちに、毛根自体が弱ってくるので、徐々に毛が細くなりお手入れも簡単になってくるので、そういう点ではレーザー脱毛などと変わりません。

料金もレーザー脱毛や光脱毛などに比較するとかなりお安くなるので、経済的負担の心配が要らないのも魅力ですね。

一方のデメリットですが、ブラジリアンワックスを剥がす時に多少の痛みを感じることがありますが、ほんの一瞬のことで、耐えられない痛みでもないので、多くの方が克服しているようです。

ただし、敏感肌の場合にはワックスによって炎症を起こすこともあるので、お肌の弱い方は手作りに限らず避けた方が良いことも稀にあります。

ブラジリアンワックス脱毛サロンを全国で検索するサイト!クーポン、スクール、口コミ情報も掲載!アンダーヘアのお手入れは当サイトで!

ご利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2011-2017 ブラジリアンワックス@サロンナビ All Rights Reserved.