ブラジリアンワックスと角質

ブラジリアンワックスで脱毛を行うと、初めて実施した人は触り心地にびっくりすると言われています。
それほど、ブラジリアンワックスで施術した箇所がツルツル、すべすべになります。

原因としては、ブラジリアンワックスというものはワックスを塗った箇所の毛だけではなく、皮膚の表面にある古い角質まで一緒に剥がしてくれるからです。
角質とブラジリアンワックスについて、コラムにてまとめさせて頂きます。

■ブラジリアンワックス施術後の処理と角質

ブラジリアンワックス施術後の処理と角質

ブラジリアンワックス脱毛をおこなった直後の毛穴は開いた状態となっているため、毛穴を引き締めることが出来る収れん作用のある化粧水や、冷たい水などでやさしくパッティングを行いましょう。

そうすることで毛穴が目立たなくなり、ブラジリアンワックスを行った時よりキレイな素肌になることが出来、綺麗な素肌を持続させることが出来ます。

ブラジリアンワックスで脱毛を行うと毛根が刺激されるため、コシのない柔らかい毛が生えてくることがあります。

こういった柔らかい毛は、毛穴の出口にある角質を突き破って伸びることができません。
そのため、皮膚内部に柔らかい毛が埋没してしまうことが良くあるのです。

こういった埋没する毛を予防するためには、脱毛3日後からスクラブの入った洗顔などで優しく円を描くようにマッサージをしてあげると良いでしょう。

スクラブの入ったものでマッサージを行うことで、毛穴の出口をふさいでいた古い角質が取れていき、埋没しにくくなっていきます。

また、これもブラジリアンワックスを行った時と同じようにスクラブをした後は収れん作用のある化粧水や冷たい水でパッティングを行うようにしましょう。
色素沈着の予防にもなります。

■お手入れの大切さ

デリケートゾーンにブラジリアンワックスを行う場合は、デリケートゾーン自体が下着やズボンがすれることで色素沈着を起こしやすいため、脱毛をしたことでデリケートゾーンが見えやすくなり色素沈着に気付き驚くということも良くあります。

また、埋没毛があるのにも関わらず、きちんとした処理を行わなかったがゆえに炎症を起こしてしまい、結果として色素沈着が起きてしまうこともありますので、埋没毛にならないように脱毛後のスキンケアをきちんと行うことと、角質が取れた分肌の乾燥にも気を付けないと肌のトラブルの原因にもなるため、しっかりと保湿することも怠らないようにしましょう。

ブラジリアンワックスの中には添加物や保存料などを使っている製品もあります。
こういったものが原因で皮膚のかぶれが起こることもあるため、自宅で行う際は特に脱毛後のお手入れをしっかりと行いましょう。

ブラジリアンワックス脱毛サロンを全国で検索するサイト!クーポン、スクール、口コミ情報も掲載!アンダーヘアのお手入れは当サイトで!

ご利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2011-2017 ブラジリアンワックス@サロンナビ All Rights Reserved.